2018年10月22日月曜日

<議会活力度、トップは西脇市議会(兵庫県)>

<日経グローカルより>

日経グローカルが全国815市区議会を対象に、従来の改革への取り組みに加え、住民の関心や議会の魅力度、制度の活用ぶりなどを尋ねた「議会活力度」調査によると、西脇市をトップに、那覇市、四日市市がベスト3となった。(得点の内訳は基本25点、公開度20点、住民参加18点、議会運営37点で、合計100点)

首位となった西脇市議会では、一般質問で首長ら執行部の答弁を追跡し何らかの結果を出すようにしている。西脇市議会の本会議は、予算案や条例案など議案の採決を終えた後に一般質問を行う。全国的にも珍しく、議案の質疑・討論・採決を優先する同市議会の伝統的な運営方法だ。議員がテーマを決め、執行部を追及したり、考えを主張したりする一般質問は「議会の華」と言われる。しかし、執行部は適当に受け答えし、結局何もしないことも多い。同市議会は執行部が「検討します」と答弁すると、その後の状況を追跡し、必ず結果を出す。こうして「華も実もある」一般質問にしている。

【日経グローカル1015日号】http://www.nikkei.co.jp/rim/glweb/mokuji/350mokuji.pdf

2018年10月21日日曜日

若者の声求め議員出張 盛岡市議会、学生と意見交換

<岩手日報より>

盛岡市議会(定数38)の議会運営委(竹田浩久委員長)は12日夜、市議が大学に出向き学生と自由に意見交換する「もりおかmiraiおでかけミーティング」をスタートさせた。若者の政治やまちづくりへの参加向上を図る議会改革の一環で、学生の意見は議会活動に反映していく。
 初回は滝沢市巣子の県立大で開き、市議19人と学生14人が参加。5、6人組に分かれ、議題ごとにメンバーを入れ替える「ワールドカフェ」という手法で意見交換した。緊張気味だった学生も自己紹介や世間話をするうちにリラックスし、普段感じている思いを打ち明けた。
 ボランティア、地域活動などで議論は熱を帯び、「自身も楽しむ意識がなければ続かない」「ボランティア活動だけでなく、人や地域を知ることが大切」など意見が相次いだ。「盛岡広域の交通インフラを充実させてほしい」といった提言も出た。
 次回は11月21日に盛岡大で開催する予定で、来年度以降も継続する方針だ。

2018年10月20日土曜日

2019年 統一選の日程固まる。有権者は賢くあれ。

<クオリティ埼玉より>



平成最後の統一選の日程が固まった。平成天皇退位、新天皇即位という時代の節目でもあり選挙日程が早まる。日程は通常、市議選などは4月の第4週の日曜日が投票日。2019年は県議選などが3月29日(金)告示、4月7日(日)投開票。市議選などが4月14日(日)告示、4月21日(日)投開票となった。
 
すでに現職、新人が動き出してはいる。昭和の時代であったら 総合建設業が支援に回ると下請け、孫請けまで指令が飛んで候補者有利。自治会長が推薦すると自治会から組長、班長まで浸透し、候補者は当選確実と言われた。
 
時代は今やSNS至上主義。お買い物も調べものもパソコン、スマホで指先タッチ。友人の息子は付き合っていた彼女に手痛い目にあい、アプリで恋人を探したという。選挙も「イメージ戦略」を抜いては語れなくなった。Facebook Twitter、ホームページがビラ、リーフレット、ポスターとともに戦略のツールである。
 
しかし、投票は 指先タッチとはいかない。投票所(期日前投票所もあわせ)に足を運んで、囲いのあるボックスの中で、小さな投票用紙に鉛筆で記入する。その時有権者は、「あのお辞儀と握手が誠実でよかった」と思いだし、魂をこめて、一票を投じるのだ。
 
賢い有権者は、市民のためではなく利己利益のために走る人、自己保身の人、軽率な発言をする人、呆然と議場に居る人、議場で眠る人、などなどにこの統一地方選でしっかりとNOの審判を与えなければならないのだ。
大曾根 惠

http://www.qualitysaitama.com/newspost/43972

2018年10月19日金曜日

ランキングがすべてではないけれど・・・八潮市議会は全国市区議会中778位、県内でも下から3番目

<八潮市議のブログより>

日経グローカル1015日号の特集は、全国市区調査「議会活力度」です。トップは西脇(兵庫)、那覇(沖縄)、四日市(三重)が続いています。

わが八潮市議会は、全国市区議会815議会中778、県内では40市中下から3番目。県内ワースト1は日高市議会、ワースト2は白岡市議会、そしてワースト3は八潮市議会です。

ランキングだけがすべてではないとしても、この順位はいくらなんでも恥ずかしい!市民の皆様も、そう思いませんか?

得点の内訳は基本25点、公開度20点、住民参加18点、議会運営37点で、満点なら100点になるのですが、八潮市議会は基本9.8点、公開度5.5点、住民参加2.0点、議会運営4.9点で、合計22.3点。どの項目も落第点です。

現在、議会基本条例の策定に向けて議論を開始しているが、この議論の中でも私は情報公開、住民参加を強化すべく様々な提案をしているが、多数派からかなり強い抵抗があります。

私はアクセサリーのような議会基本条例を作るなら、いっそ作らない方がいいとも考えています。月間ガバナンス9月号に、日本で初めて議会基本条例を策定した栗山町議会の議会改革リポートが掲載されていた。栗山町議会の議会基本条例は、その後も改正を繰り返し、更に内容も充実しているが、当初のものも、今、読み返しても素晴らしいし、感動を覚えるものです。

このガバナンスの見出しは『基本条例が議員を鍛え、議会報告会を通じて住民に議員が鍛えられる』となっている。そして、栗山町議会では、新たな議員になっても基本条例の精神が根付いているとのことです。これは、栗山町議会の議会基本条例だからであろう。

全国の自治体議会の4割、800ほどの議会で制定済みとなった議会基本条例、アクセサリー条例を作っただけで「やったふり」の議会にするのか、後発組の利点を活かして、モデル条例となるような先進自治体議会の条例の良いとこを取り入れて作るのか・・・要は、八潮市議会議員の考え方、一つで決まるのです。

市民の税金で、毎年、先進自治体議会を視察してきたのは、良い条例を作るためでしょう?その視察の成果を活かさなかったら、市民に申し訳が立たないと思いますが・・・

http://diary.e-yazawa.her.jp/?eid=877902

2018年10月18日木曜日

地方議会あるべき姿とは? 住民からの課題、政策に反映を

<神戸新聞より>

  • 印刷
龍谷大の土山希美枝教授
拡大
龍谷大の土山希美枝教授
 首長から提出された大半の議案をそのまま可決し、政策立案も低調な地方議会。有権者は存在意義が感じられず「そもそも議会って必要なの?」という声すら聞こえてくる。議会のあるべき姿とは。改革の必要性を訴える龍谷大の土山希美枝教授(公共政策、地方自治)に聞いた。
 -議会の役割は。
 「本質的な機能は、平等な権利を持ったメンバーによる議論と意見集約。それが開かれた場で行われることが重要だ。今の議会は政策や制度上の課題について議論をしておらず、会派の数合わせしかしていない。議会という組織で動いていないから、その姿が見えない」
 -行政の提案に反対しないので、追認機関とも言われている。
 「そもそも行政は間違わないという幻想がある。色んな人の意見を踏まえ、議会として結論を出すのはとても面倒な作業。だから考えをまとめず、行政が失敗した時だけ指摘する。行政当局も議論で結論が変わる不確実性は避けたい。相互依存の関係ができ上がる」
 -首長側との水面下の調整で政策や制度が決まることがある。
 「行政と議会が開かれた場で意見交換を行い、議案をより良いものにすべきだ。住民の代理者である議員が、意思形成のプロセスを主権者に見えるようにするのは当然。そうして政策を決めれば議会の責任が明確になる。裏で調整するのは責任を持ちたくないからだ」
 -議員が提案する政策条例なども少ない。
 「現状では議会にかけられる大半の議案は、行政が提案している。議会側がもっと住民からまちの課題を吸い上げるべきだ。よりよい政策や制度につなげていけば存在感も高まる」
 -目指すべき議会とは。
 「今の議会は例えると、仲の悪い商店街のよう。議員は軒先を並べているが、自分の顧客しか見ておらず、誰も商店街のために汗をかかない。愛される商店街をつくることが、結果的に個々の商店をよくするということが見えていない。日常的に議会とは何かを話し合い、どうやって成果を住民に発信していくか。これができなければ議会の不要論は続くだろう」(聞き手・前川茂之)
【つちやま・きみえ】1971年北海道芦別市生まれ。京都市市民参加推進フォーラム座長や、草津市自治体基本条例検討委員会委員長などを歴任。全国各地の議会で講演し、地方議会や議員の在り方などについて提言を続けている。主な著書に「『質問力』でつくる政策議会」「高度成長期『都市政策』の政治過程」など。

2018年10月17日水曜日

首長提案の議案99.7%可決 17年度兵庫県内42議会

<神戸新聞より>

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
 兵庫県と県内41市町の計42議会で2017年度、市長ら首長の提出した条例や予算などの議案が否決されたケースは6議会の8件にとどまることが神戸新聞社の調べで分かった。議案の修正を含めても11議会の16件のみで、首長提案の総数5524件のうち99・7%は原案通り可決された。県議会では60年間にわたり否決、修正ともゼロが続き、議案をそのまま通す「追認機関」と批判される一端が浮き彫りとなった。
 地方議会は「二元代表制」の一翼として、議案の審議や議決を通じて首長を監視する役割を担う。「提案される前に水面下でチェックをしている」との主張がある一方、相互依存の関係を維持するため議場での議論が形骸化しているとの指摘もある。
 各議会事務局によると、17年度中に首長提出の議案を否決したのは芦屋、宝塚、三木、丹波市と播磨、太子町の6市町議会。宝塚市は太陽光パネルの設置を促すため、発電施設の固定資産税免除の期間を延ばす改正条例案を出したが、議会は「従来制度の効果が検証されていない」と否決した。
 三木市議会は敬老祝い金を減額する条例改正案を否決し、補正予算案の一部を修正。播磨町議会は税などの滞納金を督促、強制執行する手続きを明文化した条例案など2件を否決、太子町議会は副町長人事など人事案2件を不同意とした。
 修正は三木市議会に加え、伊丹、豊岡、川西、朝来市と上郡町の6市町議会であり、補正予算案や条例内容の一部見直しが目立った。
 一方、県議会は1959年以降、県当局が提出した議案の追認を続けており、議場で双方の緊張関係が具現化した例はない。
 全国都道府県議会議長会によると、47都道府県で17年に知事から提出された議案は計7825件。このうち原案通り可決、承認などされたのは99・5%に当たる7784件だった。否決はゼロで修正可決は7件。全議会の8割近い37議会が100%の可決率だった。
 有識者らでつくる「自治体議会改革フォーラム」(東京)の調査(全地方議会の83%に当たる1485議会が回答)では、16年に首長提出された議案を1件でも否決した議会は138議会で9・3%だった。(井関 徹、前川茂之、若林幹夫)
■審議過程オープンに
【同志社大大学院の新川達郎教授(地方自治)の話】地方議会で首長提出の議案が修正、否決される事例は毎年数%程度しかないが、議会がきちんと精査して議決したかが重要だ。議会が提案前に行政当局と意見交換し、内容が良くなれば役割を果たしたことになる。ただ、そうした審議過程はオープンにすべきで、当局の説明内容などを記録に残し、後に公開すれば透明性の確保や有権者の理解につながる。

2018年10月16日火曜日

議長選44回も決まらず 与那国町議会

<八重山毎日新聞より>
 
                        
9日連続の議長選挙でも議長が決まらない与那国町議会=11日午前、町議場
9日連続の議長選挙でも議長が決まらない与那国町議会=11日午前、町議場
 
町、きょう補正額を専決処分
野党「納得できない」と反発
 
 【与那国】9月定例与那国町議会(定数10)は11日、議長選挙9日目に入るも未決となった。議長が決まらず議案審議に入れない議会に対して執行側の町は、12日に一般会計予算の一部補正額約3億4800万円を、町議会の承認を得ない町長の専決処分で対応する方針を固めた。町側は「議会の動向を考慮し、緊急性を要する事業の補正予算を再編成した。地方自治法に沿って執行したい」と話した。今議会で注目されていた教育長の同意案件は含まない。野党側は「一連の混乱を招いたのは与党側からの議長選出を裏で拒んでいる外間守吉町長にある。専決処分には納得できない」と反発を強めている。
 この日の議長選は午前10時の開会から昼休憩を挟み閉会の午後4時30分まで5回行われ、与党の前西原武三氏と野党系の与那原繁氏が最多得票の5票で同数となり、地方自治法に沿ったくじ引きで当選人となった両者は互いに辞退を続けた。議長選の総回数は44回。
 地方自治法179条の規定に基づき専決処分の調整を続けてきた外間町長と町幹部は議会終了後、12日の議長選が未決となった場合の閉会後に踏み切る考えを示した。
 町側は今議会で一般会計予算の補正額6億8088万9000円を計上する予定だったが、防災行政無線のデジタル化3億円、新庁舎建設の設計発注支援業務1000万円、議員増に伴う議員報酬(月額・期末手当)742万2000円などを優先した補正額に修正した。
 与党側は「町民には申し訳ないが、安定町政を実現するため過半数を獲得したい。(専決処分は)行政の判断」と受け止めた。
 野党側は「議員数が与野党同数の場合は慣例で与党側から議長を選出するのが大前提。町長を説得できない与党議員や応じない外間町長に責任がある。自身で混乱を招き、専決処分することは疑問」と批判した。
 外間町長は「議長が決まらずに残念な状況が続き、(専決処分は)断腸の思い。住民生活に影響が出ないようにしたい。議会に対して私が口出すことはない」と話した。
 この日で当初予定していた14日間の会期日程は最終日を迎え、町議会事務局によると、議長が決まらない場合は平日午前10時に開会して議長選を継続する。議長決定後、すみやかに本会議へ入る。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/34294/